読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンダムシリーズのオススメOPED曲10選

スポンサーリンク

ガンダムシリーズ好きな私のオススメ曲10選。

オススメ曲10選

 多くの名曲を残してきたガンダム。

その中でも特に私がオススメしたい曲を選びました。

全て名曲といっても過言ではないので下記の通りに選曲しました。

 

選曲基準

  • OPかEDの曲
  • 1作品1曲
  • 作中と歌詞が合っている
  • 新旧問わず
  • 順不同
  • カラオケで歌いたい

 

「Gの閃光」 Gのレコンギスタ

 キングゲイナーOPと同じ衝撃を受けた名曲。

さりげなくネタバレも含んでいて好きです。

作中でなかなかガンダムのフレーズが出てこなかったので、GのレコンギスタのGは本気で元気のGなのかと思っていました。

G-ルシファーのアレは月光蝶ってことでいいんですよね?

リアルは地獄、未来という閃光がある。

 

「水の星に愛をこめて」 機動戦士Ζガンダム


provided courtesy of iTunes

(iTunesでオリジナル版を購入する事は不可能)

 美しさは健在、森口博子のデビュー曲。

宇宙から地球を見ながら歌っているような歌詞に感動しました。

炎あげ呼び合った結果、カミーユは精神を患う事になってしまった。

 

「CENTURY COLOR」 ∀ガンダム


provided courtesy of iTunes

 なーなーなー ななななー

「黒歴史」は∀ガンダムから広まりました。

ガンダムシリーズの主人公達が平和の為に戦い続けても最終的には∀ガンダムにたどり着く、争いはなくならないと思いながらこの曲を聴くと味わい深いです。

∀ガンダムとターンXの最終決戦を思い出します。

 

「アニメじゃない〜夢を忘れた古い地球人よ〜」
機動戦士ガンダムΖΖ


provided courtesy of iTunes

 アニメじゃない。

誰しもが『アニメだろ』とツッコミを入れた曲ですが、子供視線で大人(古い地球人)の常識を疑う歌詞は作詞家・秋元康の凄さがわかります。

争いはテレビの中ではなく身近な存在です。

作中では登場しないクワトロ(シャア)が出てきたり、仲間のように登場するマッシュマーなど方向性が定まっていない状態でスタートしてしまったんだと察します。

 

「Imagination > Reality」 ガンダムビルドファイターズ

provided courtesy of iTunes

 一番セイっぽいと思い選びました。

島田フミカネ原案、チナのベアッガイコスチュームが可愛かった。

ガンプラバトルがしたいです。

半パン魂も好きですよ。

 

「迷々コンパスはいらない」 
ガンダムビルドファイターズトライ

 フミナの心情を歌っているようなそんな歌詞です。

プチッガイのダンスが可愛すぎてガンプラ買いました。

トライはビルド要素の少なさと、レベルを上げて物理で殴る要素の多さが残念でした。

セカイの師匠はドモンっぽいシルエットなだけで、似た人なんだろうと思っていたら、ドモンそのままで笑いました。

次に繋がる終わり方だったので、次のビルドファイターズにも期待しています。

 

「RHYTHM EMOTION」 新機動戦記ガンダムW


provided courtesy of iTunes

 ウイングゼロカスタムが好きなのでEndlessWaltzの「LAST IMPRESSION」を選ぼうと思いましたが、歌は「RHYTHM EMOTION」の方が好きです。

ガンダムWは過ちと痛みが多すぎた。

TWO-MIX復活してくれませんかね。

 

「嵐の中で輝いて」 機動戦士ガンダム 第08MS小隊


provided courtesy of iTunes

 第7話「再会」がまさに「嵐の中で輝いて」でした。

アプサラスがオーバーテクノロジーの気がするのは私だけでしょうか。

軍を抜けて隠居生活をしなくては幸せになれないラスト・リゾートは考え深い。

グフカスタムかっこいい。

 

「STAND UP TO THE VICTORY」 機動戦士Vガンダム


provided courtesy of iTunes

 カラオケで熱唱したい歌No.1

13歳のウッソにはあまりにも酷な世界でした。

個人的にはニュータイプ最強はウッソだと思っています。

終わりのないディフェンスでもいいよ。

君が僕の心の中に、の君はシャクティなのかカテジナなのか。

拳を大きく振り上げて熱唱しよう。

 

「哀 戦士」 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編


provided courtesy of iTunes

 ガンダムシリーズを1曲で表すならこの曲になります。

味方も敵も、争う者も帰りを待つ者も、全て哀戦士。

争いは「愛」ではなく、「哀」しか残せない。

名曲が故に多くの歌手からカバーされています。

 

まとめ

 王道から少し外れた10選になってしまいました。

曲と作品は切り離して考えるべきでしょうが、思い出のある作品の曲ばかりになりました。

お気に入りの曲はありましたか?

1作品1曲、10選にしたので泣く泣く落選した曲が多いです。

この機会に是非もう一度名曲を聴いてみてはいかがでしょうか。