読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアック エイジに望む改善点

スポンサーリンク

 記事タイトルが長すぎると思って省略してしまいましたが、正確にはファイナルファンタジー(以後FF)12の改善点を生かし、FF12ザ ゾディアック エイジに反映を望む記事です。

祝・ファイナルファンタジー12
リマスター

 FF12のリマスターが発表されました。

リマスターの内容は、FF12インターナショナル ゾディアック ジョブシステム(以後IZJS)をベースとして、映像表現の向上・サウンド表現力の向上・ユーザービリティの向上となっており、発売は2017年予定です。

 FFシリーズのナンバリングタイトルを全てクリアしてきた私としては嬉しい限りです。FF11と14はオンラインゲームなのでクリアという概念はありませんが、オンラインゲームのクリアとは、自分が満足できるまで遊んで、アンインストールするところまででクリアだと思っております。正直、全てのナンバリングタイトルがオススメできるわけではありませんが、FF12はガンビットシステムのおかげで戦闘が楽なのでオススメできます。しかし、改善して頂きたい要望がいくつかあり、それさえ改善できていたら万人にオススメできるゲームだと胸を張って言えるでしょう。

ベースがIZJSなので無印からは大幅に改善されていますが、あともう少し改善ができたら完璧なのになと思う次第であります。

リメイクではなくリマスターなので大幅な改善は期待できませんが、「様々な改良を行っている」に期待をして改善案を書いていきます。

 

ボイスの録りなおし

 説明は不要だと思いますが、『オイオイヨ』『8キロ』などの迷言で有名ですが、キツイ指摘ではヴァンの声優を交代と書きたいところですが、ディシディアFFでヴァンの声優が武田航平さんから小野賢章さんに交代した時に自身のブログで、

諦められない思い。|武田航平オフィシャルブログ「TAKE」Powered by Ameba

このような熱いヴァンへの思いを語っているので声優交代はやはり良くないかと思っております。実際、今回は交代ではなく武田航平さんが続投らしいので本当によかったと思っております。全てではないにしろ、指摘が多い部分はボイスの録りなおしをした方が良いのではないでしょうか。

 

ストーリーの補足

 ヴァンが主人公だと思っていたら、バルフレアが主人公になっていたぐらいのバルフレア成長物語でしたが、もう少しヴァンとパンネロを主軸とした物語を付け加えても良いのではないでしょうか。レヴァナント・ウイングで補足とその後を描いていましたが、やったことのある人が少なそうですので。

 

リンクトレジャーの救済措置

 FF12で一番印象深いのはガンビットやヤズマットよりもリンクトレジャーではないでしょうか。FF12の発売日当日に購入し、攻略サイトが出来上がるまでにクリアしようと急いで物語を進めましたが、物語終盤になって最強の矛の存在を知り、泣きそうになりましたが、救済措置があると聞いて安心しました。その最強の矛取得の救済措置が有名なヘネマラソンです。何度あの道をセーブ&ロードしたことやら。IZJSでは別の救済措置があったり、裏技の5hits法があるとしても、もう少し救済措置の緩和を期待したい。小数点以下で盗める源氏シリーズ事件とは違って、本当に取得できるのは救いでしたけど。初見殺しとも言われているリンクトレジャー自体は好きです。トレジャーが二つ重なっていたり、透明なトレジャーであったり、そんな挑戦的なFF12が好きです。

 

ドラゴンクエストからの輸入の増加

 ロトの剣そっくりなトロの剣は有名だと思います。2003年にスクウェアとエニックスが合併し、2006年にFF12が発売されましたが、このトロの剣でようやく一つになったんだなと感動したのは私だけでしょうか。ネタ武器としてでもよく登場させてくれたなと思いました。実際は最強クラスの両手剣で、武器の形もちゃんとロトの剣っぽくて好きです。せっかくなのでもう少しドラゴンクエストから輸入品が増えても楽しそうです。いっそのこと危ない水着を取り入れよう!

 

やり込み要素の増加

 何かしらやり込み要素を増やすとは思いますが、具体的には交易品の増加、レアモンスターの増加とレア度アップ、ジョブの増加、召喚獣の増加、トライアル(ハード)、便利ガンビット、サブイベントの増加、そこらへんをやり込み要素として取り入れて、マルチエンディングも面白いかもしれませんが、厳しいかもしれませんね。

 

まとめ

 我ながら無茶な注文ばかりだなと思う改善点ばかりですが、映像や操作方法や視点変更などより、せっかくPS4で新たに発売するのだから過去の指摘を改善してから発売した方が良いと思いますので、少しでも改善点を取り入れて頂けたら幸いです。