食べ物の好き嫌いを克服できたか

スポンサーリンク

子供の頃、好き嫌いが多く偏食でした。

大人になるにつれて、好き嫌いを克服できました。

f:id:kaomojiblog:20151202231831j:plain

克服できたジャンル

苦い系統

ピーマンやコーヒーなど。

子供の頃、ピーマンの肉詰めをピーマンだけ残して肉詰め部分だけ食べていました。

単なるハンバーグ説。

コーヒーは社会人1年目にあまりのストレスの中、先輩に奢って貰ったブラックコーヒーが美味しく感じたのが切欠で飲めるようになりました。

今では、胃に気を使いブラックは避けています。

oyakudachi-jyohoo-blog.com

1位 ゴーヤ

食べれるから大丈夫!

 

ねちゃねちゃした系統。

okwave.jp

子供の頃は苦手でしたねぇ。

今では美味しくいただけ・・・ 一つだけ無理だった・・・。

 

魚系統

ごめん、味の問題じゃなくて骨の問題だった。

今では美味しく頂けます。

 

味が薄い系統

豆腐などが当てはまりますが、食べても味があまりしなくて食べてる意味があるの?って思っていました。

今でも好んでは食べませんが、食べれないわけでもありません。

本格湯葉料理店で食べた湯葉の美味しさは異常。

 

r.gnavi.co.jp

 

克服できなかった食べ物

納豆・ナス・極端に辛い物。

納豆はどうしても食べれないですねぇ。

臭いが嫌なだけなので、工夫次第では食べれそうな気がしますが、食べなくても生きていけるかな。

ナスは、ふにゃっとした食感がダメなんですよねぇ。

それだけならまだ食べれそうだけど、味がなぁ・・・。

辛い物、中華料理のほとんどかもしれません。

dime.jp

麻婆豆腐・酢豚・エビチリ・麻婆茄子・・・。

避け続けてきたから、もしかしたら今なら食べれるかもなぁ。

ラーメン・餃子・チャーハンここらへんは好きなんだけどなぁ。

 

未だに好き嫌いがあるってことは、味覚が子供のままってことなのかなぁ。

広告を非表示にする